老後は住みたいサービス付き高齢者向け住宅

2018年1月12日 at 8:29 AM
filed under 不動産

サービス付き高齢者向け住宅について

若い時には考える事はありませんが、ある程度の年齢が過ぎると老後の事を考える様になります。

近年では、老後も豊かに暮らせるサービス付き高齢者向け住宅と言う物が出ています。

サービス付き高齢者向け住宅は様々なサービスが付いており、サービス付き高齢者向け住宅に入居すれば、老後も安心して暮らせます。

サービス内容として安心できるのが、介護士常駐物件です。

24時間常駐している所が多く、何かあれば直ぐ対応して貰う事が可能です。

私も将来住む際は24時間介護士常駐物件に住みたいと考えています。

介護士が居る事により身の回りのお世話をして貰う事が出来るので、生活の中で不便に感じる事も少なくなります。

次に便利なのがナースコール付き物件です。

やはり老後は体力の衰えが出てきますので、何かの際はすぐに医療スタッフが駆けつけてくれるサービスがあると安心できます。

ナースコールはもちろん24時間対応なので、有事の際は非常に役立ちます。

ネット可能な物件も多い

またサービス付き高齢者向け住宅にはネット可能な物件も多々出てきています。

インターネットを使用できる環境であれば、多くの情報を得られるだけではなく、有意義に生活する事が可能になります。

その他にも理容師サービスがある所もあり、身だしなみに普段から整える事が可能です。

老後になっても身だしなみには気をつけたいものです。

他にも囲碁や将棋等の娯楽品を置いている所も多く、楽しく仲間たちと娯楽に興じる事が出来ます。

囲碁や将棋などはいくら遊んでも飽きる事がないので、老後には人気のゲームの一つです。

それ以外にもカラオケを用意している所もあります。

カラオケを歌うと運動にもなるので、カロリー消費にも役立ちます。

自分が歌うだけではなく、一緒に居る仲間と盛り上がるのもきっと楽しいです。

私もカラオケは趣味の一つなので、老後はカラオケのあるサービス付き高齢者向け住宅を選びたいです。

毎日歌ってもきっと飽きる事はないです。

この様にサービスが豊富にあるのが特徴ですが、体験で入る事ができる所もあるので、入居の際は色々な物件を訪問して自分の合った所を選ぶ事が大切です。

老後は第二の人生です。

長期間住む所になるので、自分自身の目で確かめて選びたいですね。

私も親がそろそろ入居をしたいと言っているので、自宅から近くの物件をいくつか選んで体験入居してもらう予定にしています。

自宅近くであれば、いつでも会いに行けるので、心配はあまりしていません。

 

トピックス

シニアマンションリブウェルとは
サ高住入居、所得が足りなくても一部自治体は家賃補助を実施

no comments

RSS /

Comments are closed.