子供の成長に合わせたスタイル

2013年9月8日 at 12:46 AM
filed under 引越し

お子さんが小さいときに家を新築するときは、お子さんが開放的に生活できるような設計にされていることが多いです。

リビング階段で明るいリビング、どこにいてもお子さんの様子がわかるように、リビングと別の部屋の仕切りがない家もあるかもしれません。

ところがお子さんが成長し、受験をする頃になるとこの開放的な空間がネックとなってしまいます。

居住空間に開放感を与える、吹き抜けのメリット・デメリット

集中して勉強したくても1階のテレビの音や話し声が2階にある自室にまで聞こえてしまうというような事態も起こります。

また家族全員の就寝時間が違っていると、寝たいのに音が気になってなかなか寝付けないといった問題も起こってきますね。

こういったときに各部屋にしっかり仕切りをつけてプライベートな空間を作れるようなリフォームが必要になってきます。

大阪でリフォームならここ⇒http://www.hardcraft.jp/renovation/のHPを一度ご覧下さい。

大がかりなリフォームになることもありますが、家族全員が快適に過ごせるようになると思いますよ。

それからお子さんがさらに成長して成人するといろんな部屋が空き部屋になります。

今までは2階を寝室にしていたとしても、夫婦ふたりだけになったのならば生活のほとんどを1階で過ごせるようなリフォームも必要になりそうですね。

またお子さんが複数いる場合は小学生くらいまでは兄弟姉妹同じ部屋で過ごせますが、中学生や高校生にもなるとそうにもいきません。

こういった場合も1つの部屋を2つに仕切るリフォームが活躍します。

このようにお子さんの成長に合わせて様々なリフォームが必要になります。

いつまでも快適に生活できるようにお子さんの成長ごとにいろんなリフォーム事例を見ていくと良いかもしれませんね。

no comments

RSS /

Comments are closed.