贈り先のことを考えた出産内祝い

2017年12月29日 at 1:30 PM
filed under ギフト

◯相場は頂いた金額の半分から3分の1くらい

出産内祝いで、内の意味は、自分の家があります。
出産があったという我が家の喜ばしい祝いごとに対して嬉しい気持ちを、贈り物でお福分けするのことから始まりました。
お祝いをいただいたかどうかにかかわらず内祝いはされていて、祝宴を開くこともありました。

最近ではお祝いをいただいた方へのみに内祝いを贈ることが内祝いのしきたりとして定着しており、頂いた贈り物に対してのお礼という意味で品物を選ぶことになります。

内祝いの相場金額は頂いた金額の半分~3分の1くらいの品物を選びましょう。
お返しをするタイミングは、出産祝いを頂いてから1か月以内に贈るのが目安です。
出産後は育児や家事などで忙しい方が多いですが、早めに贈るようにすることが大切です。

間違えやすいのが水引の種類です。
結婚内祝いや快気祝いなど、人生で1度にしたいおめでたい行事は、結び切りを選び、結ぶとほどけないようにします。
出産やその他のお祝いは、人生で何度あっても喜ばしいことですので、何度でも結びなおせる蝶結びを選びます。

内祝いでは蝶結びを選び、名目は内祝や出産内祝として贈ります。
出産内祝いの贈り主は生まれてきた赤ちゃんの名前を書きます。
赤ちゃんの名前を披露する機会でもありますので、名入れサービスなどを利用してみるとよいでしょう。

◯内祝いとしてどんな商品を選べばいい?

商品は、グルメ商品から消耗品、タオルまで様々なものが選べます。
頂いた金額から逆計算すると予算が決まりますので、予算で選べる商品を決めてもよいですし、贈る相手の趣向から決めることで喜んでもらえる品を選ぶことができます。

両親や親類の場合は、名前を入れることができるギフトが特に人気です。
洗剤などの消耗品やお菓子セットなどは家族がいるご家庭には重宝されるでしょう。
上司や目上の方には、カジュアルになりすぎない贈り物を選ぶことが大切です。

ブランドの食品をはじめ質を重視した商品選びをすることで目上の人にも満足してもらうことができます。
友人や会社の同僚といった、同世代の友人にも相手に合わせてた商品を選びましょう。

独身の友人には、1人でも完食できるサイズ感のグルメや小分けになったお菓子とお茶のセットなどが重宝しますし、女性はバスグッズやボディケアアイテムなども喜ばれます。

会社の同僚数名からまとめて頂いた場合は、個数が多く入ったお菓子セットを贈ることが一般的です。

◯カタログギフトや金券などのお返しは便利

贈る相手によって内祝い品の内容を変えることで贈る相手に喜んでもらえる内祝いとなります。
家族がいる方や趣向がわかっている方だとどんなものを贈ったらよいのかわかりますが、金額を多くいただいた場合やあまり趣向がわからない場合にはどうしたらよいのでしょうか。

便利なのは、カタログギフトや金券などでお返しするということです。
カタログギフトは、贈りたい金額によって雑貨からグルメまで様々な商品がカタログ上に掲載されています。
結婚式に参加するとお返しでカタログギフトということもあり、お返しでカタログギフトを利用される方が増えています。

メリットとしては、相手が好きなものを選ぶことができ好きな時に申し込みできる点です。
オンラインと連動しているところがほとんどで、ネット上で申し込めばかなり早く発送されます。

具体的な金額がわからないのも利点で、相手が本当に欲しいものをもらってもらえます。
お返しの金額が多くなってしまう場合には、お菓子とカタログギフトのセットなどでもよいでしょう。

カタログギフトでは色々ありすぎるとお考えの方は、ギフト券などもお勧めです。
百貨店で使えるギフト券をはじめ、飲食店で使えるギフト券などもあります。

コーヒーショップのドリンクカードに必要金額をチャージしてお渡しすれば、コーヒー好きの方も嬉しいギフトとなります。
現金ではお返しできませんので、様々な工夫が必要です。

◯出産前にある程度準備し決めておくこと

出産後に贈る品物を選んで発送手配をするのはなかなか容易ではありません。
赤ちゃんがいるとあまり休息もとれませんからどんな商品があって、どのようなものを贈るのか、だいたいでよいので決めておくと慌てずに手配できます。

贈る相手と趣向に沿った贈り物を考えておき、住所一覧をまとめておくことも大切です。
インターネット上で商品を検索すると、ブランド名や贈りたい金額から商品を絞っていくことができ、簡単に贈り物を決めることに役立ちます。

ブランド商品でも、名入れサービスが無料でできるものもあり専門のサービスを利用することでお得におしゃれな内祝いを贈ることができるのです。

最近の出産内祝いのトレンドで人気の出産内祝いギフトは、カタログギフト、お菓子、洗剤、食品などです。
雑貨などは置く場所に困る方もいて、趣味が合わないと困る場合も多々あります。
お菓子や洗剤、食品などは食べたり使用すればなくなっていくものですので贈る人にとっても負担がありません。

予算と好みからさまざまな商品を検討し、納得のいく出産内祝い品を大切な方に贈りましょう。

 

ホントにもらって嬉しい結婚・出産内祝いナビ

no comments

RSS /

Comments are closed.