電力コストを下げて節約志向を進めること

2018年8月13日 at 5:47 PM
filed under ビジネス

電力コスト削減

【1】ネオコーポレーションが解説する電力コストを下げる方法とは?

生活や仕事上でも必要になるインフラがあり、主に電力や水道、ガスや灯油などを挙げることができます。
一般家庭や企業であっても、節約志向が高まっている昨今では、何かしらの方法でコスト削減を行っていることも珍しいことではありません。

電力コストを下げたり、使う水道を抑制したり、ガスや灯油もできるだけ消費しない活動を行っていることが目立ちます。

この中でも電力関連については、少しの知識を持っているだけで、随分とコストダウンを行うことが出来る内容と理解されるようになり、電力コストを下げるアイデアも多数報告されています。

まずは、照明器具に配慮することも基本として行われるようになりました。
以前は60ワットの白熱球を使っていた場所も多く、トイレやバスルーム、洗面台や玄関、階段などで利用されていることが多数を占めていたものです。

現在ではこのタイプの電球に代わってLED電球が販売されており、以前と同じような明るさでも4ワットから8ワット程度で済ませることができるアイテムです。

もしも、白熱球を使っている場所があれば、直ぐにでもLED電球に交換することで電力コストを大幅に下げることができるとネオコーポレーションはアドバイスしています。

【2】LED電球に変えることによってお手軽に電力コストを下げることができる

一般家庭から企業内でも利用できる最もお手軽な方法です。
企業の場合では直管型の蛍光管を使っていることも珍しいことではありません。

このタイプの場合、諦めてしまうケースも見られますが、現在ではこのタイプの蛍光管でもLED型が販売されているので、お近くにある専門店を利用すると簡単に取り付けを行ってもらえます。

円形状の照明器具を使っている場合では、LEDを使うことができる照明器具に交換することも良い方法です。
初期投資は掛かったとしても直ぐに取り戻すことができるので、早急に対応したい部分になります。

電化製品にもチェックすることも大切です。

例えばテレビの場合では液晶型がメインとして普及をしているのですが、この製品の場合でも初期に作られている機種では蛍光管を用いているものが一般的です。

ブラウン管よりも電力コストを下げることはできますが、新しい機種ではLEDを使っているので、もしも古い機種のテレビであれば買い替えを行うことも推奨できます。

【3】冷蔵庫も最新のものに変えることによって大幅にコスト削減可能

冷蔵庫の場合では大きく電力をカットすることに成功できるでしょう。

古い冷蔵庫の場合ではかなりの消費電力になっていることが多く、最新の機種であればエコ仕様に設計されており、年間にかなりの節電を行うことに成功できます。

冷蔵庫の場合では通常では24時間365日稼動させている電化製品になるので、確実にコストダウンを行えるものではないでしょうか。

他にもエアコンや洗濯機、掃除機や炊飯器、電子レンジなどの生活家電でも新しい機種では消費電力をできるだけ抑えたものがメインとして販売されているので、家電製品の見直しを行うことが賢明です。

エアコンについては生活をしているエリアによっては必需品になる場合があります。
夏の季節では設定温度を高めにすることも行われていて、一般家庭だけではなく企業でも実践している場面を見ることができます。

ある程度は我慢というものも必要になるので、積極的に省エネ生活を送るように心掛けることも良い方法です。

トイレについては温水式の洗浄機付き便座を用いていることも一般的です。

温度調整を行うことができる機種が多いのですが、無駄に電力を消費せずに温度を低めに設定したり、使わない時間が多いのであれば電源を切るということでも効果は感じられるでしょう。

太陽光発電

【4】ネオコーポレーションがアドバイスするもっとも大きなコスト削減方法とは?

電力コストをもっと大幅に下げることを考えている場合では、ネオコーポレーションが言うには思い切って太陽光発電システムを設置する方法もあります。
自らの自宅や会社に設置することで、自然エネルギーで発電を行うことができるので、かなりのコストダウンを行うことができます。

会社の場合ではそれでも不足してしまう場合も見られますが、一般家庭の場合では家族数によって違いはあるものの、発電した電力のみで生活を送ることができる可能性も否定できないので、設置してみることもおすすめの方法です。

太陽光発電システムの場合では初期投資費用が大きく掛かってしまうというデメリットがあります。
ところが、一般家庭を例にすると、4年や6年程度で十分に投資費用を回収できることも多く、その後は長期間にわたって安定した供給で生活できます。

他にも電力会社と契約しているならば、契約アンペア数をチェックしてみることも欠かせません。

もしも余計に多いアンペア数で契約している場合では、基本料金が高くなっている場合が多いので、節約を心掛けていて、余計な電力消費をしない生活を送っている際には、契約アンペア数を下げてみることで月々の費用を軽減することができます。

LEDを活用することは今では当然のように行われるようになりましたが、それでも余計な電力を消費しないような生活や行動を心掛けることにより、電力コストを負担なく下げることに成功できるとネオコーポレーションはアドバイスしています。

出典元:ネオコーポレーション 評判

no comments

RSS /

Comments are closed.