復興支援の種類や被災地に行かなくても出来ること

2018年5月2日 at 4:19 PM
filed under ビジネス

日本ユニセフなどによる復興支援について

復興支援とは災害など被害を受けた土地を復興するための支援の総称で、公的や私的、人道に民政、生活や取引、後方支援などがあります。
公的は国や政府、都道府県などの公的機関が企業や個人に対して行い、私的は民間が行うもの、人道は人道的配慮から行い主に食料や医療支援など市民の生活に大した緊急的なものです。

日本は海外に比べると台風や洪水、地震など自然災害が起きやすいと言われていて、最近も大きな地震や津波、土砂崩れなどが起きています。

防災や復興のために木材で廃棄されてきた部分を有効利用した組手什を作ったり、その方法は様々です。
一般の人だと普通の生活もあるため中々被災地にまで行って、直接支援を行っていくことは難しいですが現場に行かなくても出来る支援は多数あります。

例えばネットからだと検索機能を使ってあるキーワードを入力して、検索をすると寄付されたりする気軽なものも多いです。
他にもSNSなどで配布されているスタンプを購入すると、その売り上げの一部が寄付されるものもあります。

また、被災した土地の物産を購入することが支援になることもあります。
これは有名なデパートやスーパーなどでもよく行われていて、新聞の折り込みチラシなどでも見かけることは多いです。
被災地の美味しい物や特産品などを購入することで、自分も被災した人にも得られる物は多いです。

被災地の食材などを積極的に利用する

他にも被災地の食材を使ったモノを使って調理したり販売をしている店を利用することも出来ます。
こちらもバーや普通のレストランなどで開催されていて現地の食材を使った特別なメニューなども提供してくれるので、他の地域では食べらないようなメニューが出ることもあります。

実際に現場で支援を行ったり、または様々な形で寄付などを行ったり物産を購入する以外にも災害について知る事や、周囲にもその災害があったことを伝えていくことで風化を防ぐことも立派な支援に繋がります。

ストリートビューやパーソンファインダーなどを使って被災地とのかかわりを展示して紹介していたり、会場を使ったトークイベントなどもあります。
この場合も、被災した土地の食材を使った店なども一緒にオープンしていたりするので、様々な情報を得ながら関わって行けます。

大きな災害になるとその災害についてや、復興支援についてのドキュメンタリー映画を上映するイベントなどもあります。
またwebでは震災関連に関しての様々な講座を視聴できるサービスなどもあって、復興現場に関しての現状などをテーマにした授業なども行われていたりします。

復興支援の商品の印税などが寄付されるケースもある

メディアでもよく震災について特集が組まれていて情報などを得やすいです。
新聞やデータなど各メディアが独自に取り組んで紹介しているので、そこから復興支援についても知ることは出来ます。

復興支援を目的にしたグッズを買うことで、その品の印税などが寄付されることも多いです。
人気漫画家が描いた作品集や、津波などで被害にあった木などを使ったバッジなどを販売し、その収益金を全て被災地に寄付します。
これには団体やお店など独自にアイデアを出してから、それをお客に買ってもらうことでその一部などを寄付していきます。

他にも川柳をかいて応募するとキャンペーンを主催者が代わりにお金などで支援をしたり、店で買い物をしてからそのレシートを専用のボックスに入れることでそのレシートの一部を募金として使うキャンペーンなども開催されています。

こういう方法だと、自分でまとまった金額を募金しなくても買い物のついでや、何かのアイデアを出して応募するだけで良いので誰でも参加しやすいですし、手間もかかりません。

風化を防ぐためには

災害などが起きたときに被災者が気にすることの一つに風化です。
これは年月が経過してくると仕方がないことではありますが、やはり被害を繰り返さないためにもずっと記憶として残していくことは大切です。

この風化を防ぐために都道府県の学生たちがバスで被災地に行くというプロジェクトなどもあって、大人はその旅費を寄付して支援に繋げます。
こうした募金はクレジットカードや銀行などの振込み、各種ポイントなど様々なもので行えるので余っていて使ってないポイントなどを使えば、気兼ねもありません。

復興支援はある一定の期間だけ行っていくものと、その後もずっと続けていけるものと色々な方法があります。
災害が起きてから現場でボランティアなどをするのも良いですが、ある程度落ちついてからも今度は違う形でも続けていくことは可能です。

ある程度期間が過ぎていても、時間を作って行ってみたいときはボランティアや買って応援したり、旅行や日本ユニセフ協会などへの寄付、投資にNPO支援など様々なことで関わって行けます。

また、最近話題にもなっているふるさと納税でも、被災地など自分が応援したいと思う自治体に寄付をするとその金額によって、税金は一定額まで減額されます。
被災した人の助けにもなって自分は税金を安く出来るので品などは不要と言う場合はこの方法もおすすめです。

no comments

RSS /

Comments are closed.