プリンは奥深い世界です

2013年11月12日 at 11:55 AM
filed under ブランド品

・基本的に「身近」です

プリンは基本的に「身近」なものですよね。
コンビニでも販売されていますし、喫茶店のメニューでも見かけるでしょう。
スーパー等でも販売されていますので、ちょっとした時に楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。

身近なものですし、何より美味しいからでもあるのでしょうが、プリンは実に奥深いものです。
作るのは簡単ですが、「美味しいプリンを作る」となると、いろんな部分にこだわりを持つケースもあるのです。
例えばですが、プリンの生命線と言えば卵です。
卵と砂糖、牛乳。基本的にはこれらを混ぜて焼くだけです。

もちろんそれをいろいろとアレンジするからこそ独特のものになるのは言うまでも無いのですが、その際、例えばですが卵は特定のものしか使わない。
大量生産されている卵ではなく、自分自身の目で確かめて、契約農家の生み出す卵しか使わないといったケースもあれば、牛乳に拘っている業者もあるでしょう。
普通の牛乳ではなく、より鮮度の高い牛乳しか使わないといったように、細かい部分にまでこだわっているケースも珍しくありません。

また、プリンには様々な種類があります。
生クリームがトッピングしているものもありますが、そのような場合は、生クリームにすらこだわるでしょう。こうした姿勢こそがより素晴らしいプリンを生み出すのです。

・アイディア次第でもあります

また、プリンはアイディアも大切になってくるでしょう。
家庭であっても、商品として販売するとしても、どのようなプリンを作るのか。
これがとても大切になってくるのです。

特にプリンを扱っているお店はとても多いです。スイーツブームでもありますので、個性の無いプリンは見向きもされないという現実もありますからね。
時には奇抜とも思えるようなプリンもあります。
見ただけでは「え…」と思ってしまうよ

うなプリンもあるでしょう。
ですが食べてみるとバランス感覚が良くてとっても美味しいケースもあるでしょう。
ヘルシーさが売りだったり、あるいは先の話ではないですが奇抜なアイディアそのものが売りのケースだってあるでしょう。
もちろん業者だけではなく、一般家庭であっても同様です。

オーソドックスなプリンを作って楽しんでいる家庭もあれば、いろんな形でアイディア勝負しているケースだってあるでしょう。
センスが問われると言うと少々大袈裟ではありますが、いろんな部分に拘れる、実はとても奥深い世界が展開されているのがプリンなのです。

プリン 神戸

no comments

RSS /

Comments are closed.