スマートドクタープロの修理におけるメリットとデメリットについて

登録修理業者制度を取得しているので安心

スマートドクタープロにはメリットとデメリットがあります。
メリットのひとつとしては、登録修理業者制度を取得しているので安心して修理を任せることができるという点です。

特に修理の際には技術レベルの高いスタッフが作業を行っているので安心して依頼できるだけでなく作業も短時間で行うことができます。
一般的なスマートフォンの修理業者であれば、短期間での修理は難しく費用もかかってしまうことが多いです。

そのため急いでいる方はなるべく登録修理業者を取得した会社に依頼することが重要になります。
ただし、全ての故障が修理しきれるとは限らない点に注意しましょう。

落下の衝撃によってスマートフォンの内部基盤に深刻なダメージがあれば、部品を交換するだけでは対処しきれないことがあるのです。
その場合であれば費用も高くなるので新しく買い替えたほうが良い場合もあります。

一般的な業者とは違って純正品のパーツを使用するので修理完了後に不具合が発生しにくいメリットがありますが、純正品ではないパーツよりもやや高くなってしまう点にも注意しましょう。

ただし、最近ではスマートフォンの純正品ではない部品を使用することによってスマートフォンの機能の一部が使えなくなる問題も発生しているので、純正品のパーツを使用したほうが安心です。

もちろんスマートドクタープロでは使用した部品をユーザーが自由に選ぶことができるようになっています。
純正品ではないパーツを使用して安価に済ませることも可能なので、一般的な業者よりも安心です。

持ち込みで即日修理を行うこともできる点も良い

店舗に持ち込むことによって即日修理を行うこともできる点も良いでしょう。
一般的な業者であればインターネットで依頼して宅配や郵送によって返却されますが、問い合わせ先がわからないことも多いです。

それだけでなく即日修理を行うことができない場合もあるので、急いでいる方は利用しないようにしたほうが良いでしょう。
一方でスマートドクタープロでは実店舗を経営しており、店舗に直接修理対象のスマートフォンを送ることによって短時間での修理が可能になります。

・・・京都でiPhone修理なら「スマートドクタープロ河原町店」総務省登録修理業者

純正品の部品の在庫は大量に用意されているので、公式のサポートが打ち切られた古いスマートフォンであっても安心して利用できるのです。
そのため仕事などでスマートフォンを手放す期間を可能な限り短くしたい問に便利に利用できるようになっています。

修理用の部品の在庫が多いので、一般的な業者とは違って不足してしまうことがなく、確実に短期間で修理することができるのです。
対応している修理内容も豊富であるというメリットもあります。

例えば一般的な業者では画面割れやバッテリーの交換など特定の作業しかできないことがありますが、スマートドクタープロであれば、画面割れやバッテリーの交換に加え水没やカメラの交換、ホームボタンなどの物理キーの修理なども確実に受け付けているのです。

落下によって複数の箇所を同時に壊してしまったとしてもスマートドクタープロであれば安心して任せることができるようになっています。

公式のサポートが行われなくなることがある点に注意

ただしデメリットとして非公式の業者に依頼することになるので、公式のサポートが行われなくなることがある点に注意しましょう。
公式の保証期間がある場合は公式の保証サービスを使用したほうが安価に済ませることも可能なので、予め自分の手持ちのスマートフォンの保証期間を確認した上で非公式の修理業者に任せると良いです。

以上の点からスマートドクタープロを利用する際のメリットは一般的な業者とは違って、修理できる内容が多く、短期間で作業を完了することができるという点です。

特に作業を行っているのは専門の資格を取得した技術者なので通常の業者よりも安心して任せることができます。
作業料金も公式の有料サポートよりは安く済ませることができますし、使用しているパーツも純正品なので作業後の不具合等も発生しにくいです。

ただしデメリットとして公式の保証期間が残っている場合は、そちらを利用したほうが安く済ませることができます。
特にiPhoneやAndroidなどの端末を購入した携帯電話会社には有料オプションとして保証サービスを利用していることがあるので、まずはそちらから利用したほうが良いです。

公式ではないサポートを利用してしまうと公式の保証サービスを受けることができなくなってしまうことがあります。
予め手持ちの自分のスマートフォンの保証期間をしっかり確認した上で、業者に依頼することが重要です。

それから基盤レベルで激しく損傷している場合は、修理ができない場合や費用が高くなってしまうこともあります。
その場合は新しいスマートフォンに買い換えるなどの対策が重要です。

ただし本体の基盤が激しく損傷している場合であっても、メモリーカードなどのデータ類にアクセスが可能で写真などのデータがバックアップできる場合もあるので諦めないで依頼すると良いでしょう。

資金繰りを考える上で注意しなければならないこと

キャッシュフローが改善されると資金繰りが安定する

資金繰りを考える上で多くの人が間違いやすいことは、キャッシュフローが改善されると資金繰りが安定すると言うことです。

実際にはキャッシュフローはお金の取り回しを意味するもので、資金繰りと同じような意味に捉えられることが多いのですが、厳密には様々なお金の流れをその場面において上手にやりくりすることであり、継続的に安定させることではない点に注意をしなければなりません。

日本では売掛によるキャッシュフローの悪化が非常に起こりやすいことが挙げられています。
売掛は帳簿上売り上げが成立し利益を上げた状態となっていますが、実際には売買契約に基づき代金の支払いが先送りになっていることが多く、手元に現金がない状態が生まれてしまいます。

この状態で支払いが発生した場合には、帳簿の上ではお金があるのに支払うことができないと言う事態が発生してしまうのです。
この状態を改善するためには早期に売上債権を現金化することが必要となり、もしくはお金を借りるなどの方法で支払いのための現金を用意しなければ不渡りを出してしまうことになり会社の信用を大きく損ねてしまうことになります。

このような状態が続くと社会的な信用を失って取引を行う相手がいなくなってしまい最終的には会社を辞めなければならないことになってしまうのです。

大口の取引であればあるほどキャッシュフローが悪化するリスクが高まる

会社を経営する上ではキャッシュフローを悪化させないように事前に様々な対策を行っておくことが重要です。
1年間を通して収入と支出のバランスを維持し、取引相手との関係を円滑に保たなければなりません。

そのためには売買契約で長期にわたる支払い期日を設定することは大きなリスクを生むことであると言う点を意識し、注意をすることが必要です。
大きな売り上げを上げることができる大企業との取引では特に、これらの会社は支払い1日が長く設定されていることが多いので十分に注意をしなければなりません。

中小企業の経営者の中で誤りやすいのは、このような大企業の大口の取引を得るために自らの資金繰りを考えずに上記の支払い期日を了解してしまうことです。

大口の取引であればあるほどキャッシュフローが悪化するリスクが高まり、様々な支払い等に影響を及ぼす危険性が高いため十分に検討することが大切になります。

資金繰りを上手に行うためには、売り上げだけでなく実際の現金の流れについて十分に意識をすることが必要です。
効果的に上手に良い経営状態を維持するためには、目先のキャッシュフローの改善だけではなく、リスクに対する対策を十分に意識した上で売買契約の支払い日などを意識して取引を行うことが重要となるのです。

USCPAを取得するメリットとデメリット

1.USCPAとは?

USCPAとは何かというと、アメリカの各州が認定する公認会計士の資格の事です。
アメリカの資格ですが、日本はもちろん世界中で色々な業種や職種の人が就職や転職、キャリアアップの目的で取得しています。

ではこの資格を取得するメリットは何かというと色々あります。
まず一般企業でこの資格を持っていると、海外赴任のレールに乗りやすいという点です。

英語力を期待されてという点が最も大きな理由かもしれませんが、それ以外にも海外の各部署には日本と同じように人事や経理、システム等の管理部門があり、会社としてそこにそれぞれ一人ずつ優秀な人材を派遣するのはかなり難しいです。

そこで複数の部署を一人でマネジメントする必要があり、USCPAを持っていればITや会計、人事に対して幅広い知識をもっているとみなされて選ばれる可能性が高くなります。
(参考・・・https://www.uogjp.com/

もちろん海外赴任を行えば手当がつき、年収の大幅なアップも期待出来るというのも大きなメリットです。
会社によっては資格手当てが別途支給される事もあるので、そうするとさらに給与は上がります。

2.大きな肩書きになる

またこの資格を持っていると、大きな肩書きにもなりますので周りから一目置かれる存在になるというのもメリットです。
一般的に経理や財務といった職種は、社内での客観的な評価基準が存在している所が少ない為、他人と差をつけるのが難しいです。

しかしこの資格は日本の公認会計士の難易度と比べても比較的とりやすいにもかかわらず、持っているだけで評価されるので、周囲から信頼をより得やすく重要な仕事を任せてもらいやすくなるというのは非常に大きな魅力として挙げられます。

特に大きな会社だと、色々な資格を持っている人がいます。
簿記の資格だけでなく、公認会計士、税理士の資格等持っている人も普通にいるので、これらと同じ資格を持っていてもあまりアピールする事が出来ません。

しかしここでUSCPAの資格を持っていれば、かなりのアピールをする事が出来ます。
何故なら日本では簿記や公認会計士等の資格よりも持っている人が少なく、語学力の証明にもなるからです。

3.昇級や昇進の際、他の人との大きな差別化になる

しかも海外の子会社での管理業務は日本国内の会計士や税理士の守備範囲とは全く違うので、より大きな差をつける事が出来ます。
最近ではAIの発達により、近い将来経理業務の仕事は全てコンピューターに奪われてしまうと言われていますが、それはあくまで単純作業の経理業務をしている人の話です。

日本と海外の経理業務が出来、さらにその2つの連結業務も出来れば、この先も仕事を奪われる事なく生き残っていく事が出来ます。
そうなると当然昇格するスピードもはやくなる傾向があります。

営業職であれば、営業成績という分かりやすい成果がありますが、財務や経理にはこのような目に見えやすい尺度はありません。
下手に不明瞭な評価基準を設けても、かえって従業員の士気も下がってしまいます。

その為他の職種に比べて年功序列的に上から出世していく傾向が強いです。
そこでUSCPAの資格を持っていると、昇格や昇進の際にほとんど成績が同じ人材が2人いた場合、こちらを選んでくれる可能性がかなり高くなるというのは大きな魅力です。

4.連結会計業務に就きやすい

他にも連結会計業務に就きやすいというのもメリットとして挙げられます。
業務ローテーションがしっかりと確立していない職場で働いていると、やる気と能力をしっかりとアピールしないと自分がやりたい仕事には中々就けません。

海外に沢山の子会社がある企業であれば、経理部の中にはほぼ連結会計に特化したグループは存在します。
ここでは海外の子会社とやりとりをする必要がある為、当然語学力と会計知識を持った人材が必要となります。

そこでUSCPAの資格を持っていれば、かなり重宝され事は想像に難くありません。
この連結会計の業務を経験する事は、後に転職する場合に非常に高く評価されるので、これからずっと経理業務の仕事をしていきたい場合は、是非この資格をとっておいた方が良いです。

それから外資系企業への転職がしやすいというのも大きなメリットとして挙げられます。
一般的に経理や財務といった職種で働いている人は、どの企業にも必ず経理や財務業務はあるので、転職しやすいです。

しかもUSCPAの資格を持っていれば、年収の高い外資系に転職する事も夢ではありません。
日本企業での経理経験に加えて、この資格をアピールすれば、より魅力的な職場で働く事も可能です。

5.英語が話せないと会社の期待を裏切る事になる

一方デメリットもいくつかあります。
まずこの資格を持っていても英語が話せないと会社の期待を裏切る事になるという点です。

会社側は会計能力に加えて英語能力もあると見込んで期待するにもかかわらず、いざ英語がビジネスレベルに達していなかった場合、大きな失望を招いてしまう恐れがあります。

また海外に子会社がないような会社だと持っていてもあまり意味がないという点です。
日本市場に特化したような会社だと簿記や公認会計士、税理士の資格を持っている人と大差はなく、アピールしようがないので、その場合は転職を考えた方が良いです。

電力コストを下げて節約志向を進めること

電力コスト削減

【1】ネオコーポレーションが解説する電力コストを下げる方法とは?

生活や仕事上でも必要になるインフラがあり、主に電力や水道、ガスや灯油などを挙げることができます。
一般家庭や企業であっても、節約志向が高まっている昨今では、何かしらの方法でコスト削減を行っていることも珍しいことではありません。

電力コストを下げたり、使う水道を抑制したり、ガスや灯油もできるだけ消費しない活動を行っていることが目立ちます。

この中でも電力関連については、少しの知識を持っているだけで、随分とコストダウンを行うことが出来る内容と理解されるようになり、電力コストを下げるアイデアも多数報告されています。

まずは、照明器具に配慮することも基本として行われるようになりました。
以前は60ワットの白熱球を使っていた場所も多く、トイレやバスルーム、洗面台や玄関、階段などで利用されていることが多数を占めていたものです。

現在ではこのタイプの電球に代わってLED電球が販売されており、以前と同じような明るさでも4ワットから8ワット程度で済ませることができるアイテムです。

もしも、白熱球を使っている場所があれば、直ぐにでもLED電球に交換することで電力コストを大幅に下げることができるとネオコーポレーションはアドバイスしています。

【2】LED電球に変えることによってお手軽に電力コストを下げることができる

一般家庭から企業内でも利用できる最もお手軽な方法です。
企業の場合では直管型の蛍光管を使っていることも珍しいことではありません。

このタイプの場合、諦めてしまうケースも見られますが、現在ではこのタイプの蛍光管でもLED型が販売されているので、お近くにある専門店を利用すると簡単に取り付けを行ってもらえます。

円形状の照明器具を使っている場合では、LEDを使うことができる照明器具に交換することも良い方法です。
初期投資は掛かったとしても直ぐに取り戻すことができるので、早急に対応したい部分になります。

電化製品にもチェックすることも大切です。

例えばテレビの場合では液晶型がメインとして普及をしているのですが、この製品の場合でも初期に作られている機種では蛍光管を用いているものが一般的です。

ブラウン管よりも電力コストを下げることはできますが、新しい機種ではLEDを使っているので、もしも古い機種のテレビであれば買い替えを行うことも推奨できます。

【3】冷蔵庫も最新のものに変えることによって大幅にコスト削減可能

冷蔵庫の場合では大きく電力をカットすることに成功できるでしょう。

古い冷蔵庫の場合ではかなりの消費電力になっていることが多く、最新の機種であればエコ仕様に設計されており、年間にかなりの節電を行うことに成功できます。

冷蔵庫の場合では通常では24時間365日稼動させている電化製品になるので、確実にコストダウンを行えるものではないでしょうか。

他にもエアコンや洗濯機、掃除機や炊飯器、電子レンジなどの生活家電でも新しい機種では消費電力をできるだけ抑えたものがメインとして販売されているので、家電製品の見直しを行うことが賢明です。

エアコンについては生活をしているエリアによっては必需品になる場合があります。
夏の季節では設定温度を高めにすることも行われていて、一般家庭だけではなく企業でも実践している場面を見ることができます。

ある程度は我慢というものも必要になるので、積極的に省エネ生活を送るように心掛けることも良い方法です。

トイレについては温水式の洗浄機付き便座を用いていることも一般的です。

温度調整を行うことができる機種が多いのですが、無駄に電力を消費せずに温度を低めに設定したり、使わない時間が多いのであれば電源を切るということでも効果は感じられるでしょう。

太陽光発電

【4】ネオコーポレーションがアドバイスするもっとも大きなコスト削減方法とは?

電力コストをもっと大幅に下げることを考えている場合では、ネオコーポレーションが言うには思い切って太陽光発電システムを設置する方法もあります。
自らの自宅や会社に設置することで、自然エネルギーで発電を行うことができるので、かなりのコストダウンを行うことができます。

会社の場合ではそれでも不足してしまう場合も見られますが、一般家庭の場合では家族数によって違いはあるものの、発電した電力のみで生活を送ることができる可能性も否定できないので、設置してみることもおすすめの方法です。

太陽光発電システムの場合では初期投資費用が大きく掛かってしまうというデメリットがあります。
ところが、一般家庭を例にすると、4年や6年程度で十分に投資費用を回収できることも多く、その後は長期間にわたって安定した供給で生活できます。

他にも電力会社と契約しているならば、契約アンペア数をチェックしてみることも欠かせません。

もしも余計に多いアンペア数で契約している場合では、基本料金が高くなっている場合が多いので、節約を心掛けていて、余計な電力消費をしない生活を送っている際には、契約アンペア数を下げてみることで月々の費用を軽減することができます。

LEDを活用することは今では当然のように行われるようになりましたが、それでも余計な電力を消費しないような生活や行動を心掛けることにより、電力コストを負担なく下げることに成功できるとネオコーポレーションはアドバイスしています。

出典元:ネオコーポレーション 評判

パパ活にもルールがある

男女

パパ活と援助交際はどう違うの?

2016年ごろから急に登場したパパ活はその内容から援助交際と混同されがちです。
実際のところはパパとなる男性と高級料理店で食事に付き合い、デートのように楽しんでから現金2万円から3万円を受け取ります。

要するに肉体関係はなく、レンタル彼女のようなものです。
基本的には楽しむのは男性側で、女性側が演出するほうですがデートの感謝料となる金額は内容や男性側の意思によって変動し、場合では8万円に上る事もあります。

また男性と食事するだけでお金が貰える手軽さは普及したのか、ネットで報酬の報告が書きこまれている事が目撃されているほどです。
とはいえ何事にもコツがあるように、パパ活にもコツがあるとされています。

デートする男性は2人から3人ぐらいが丁度いい?

例えばデートする男性は2人から3人ぐらいが丁度いいそうです。
基本的にパパ活では食後に現金が渡されるものですが、高級料理店の料理を食べて終えるケースも珍しくありません。

また現金でなく有名ブランドの靴やバッグをプレゼントされる事もあります。
食事でもプレゼントでもお金がかかっているものの、女性の立場からすれば食事代以外のコスパが欲しいところです。

そのため複数人と付き合うのはコスパの向上に繋がりますが、大勢のパパと付き合うのはトラブルを招きかねないので気を付けなければなりません。

世間では語れない内容を実践しているデートもある

先述したようにパパ活は肉体関係がない健全なデートですが、実のところ世間では語れない内容を実践しているデートを匂わせるものが確認されています。
そうした内容ほどお金を稼いでいる節があるうえに異性同士の付き合いである以上、食事だけのデートでは満足できなくなってしまう男性もいるようです。

男性とのトラブルを回避するために彼女たちは様々なルールを課しており、そのうちの1つが人数制限になります。
それから頻繁に会わない事も活動の関係を壊さないためのルールです。

頻繁に会うというのは親密になる事を意味しているので男性をパパにしておきたいなら、なるべく会わないようにするのは当然になります。
ついでに言えば男性は経済力のある人でなければなりません。

この理由は単純で、経済力がなければコスパの向上が見込められないからです。
また人にとってはパパである男性の秘密や弱みを握り、もしもの場合には優位に立てるようにする等身の安全を守る工夫が求められています。

パパ活は女性側が苦労することが多い

このようにパパ活にもルールがあり、しかも活動の内容が緩いせいで様々なところで女性側が苦労するようです。
そのため手っ取り早く稼ぐためにガールズバーやバイトで働き始める元パパ活をしていた女性が急増しています。

確かにスタッフと利用者ならちゃんとした線引きがされているので一方的な勘違いや面倒はないところはメリットです。
反対に現在でも活動を続けている女性がいるあたり、未だに活動のメリットは存在していると見て間違いありません。

いずれにしてもルール、あるいはメリットとデメリットを承知する事と強かに出し抜きながら生きていく事を忘れてはいけない事だと断言できます。

 

引用元:パパ活おすすめ

和商コーポレーションなどの宇都宮と餃子について

宇都宮の名物と言えば餃子?

宇都宮の名物と言えば餃子と答える人は多いでしょうし、その逆もまた然りでしょう。
もちろんラーメンなどと並んで日本全国どこでも食べられてはいるでしょうが、ここが有名であることは間違いありませんし、実際、駅前などに行けば専門店が軒を連ねているのを見ることができます。
また最近ではインターネットの通販サイトなども充実するようになっています。

もともとは中国の食べ物であったのがどうして栃木県で有名になったのか不思議に思われる人もいるでしょう。
これは、確実な証拠と言えるものがあるわけではありませんが、歴史をたどっていくと決して偶然とかたまたまというようなものでもなく、れっきとした理由があるのです。

そもそも餃子はもちろん中国発祥の食べ物で、中国ではそれこそ紀元前から食べられていたと言われています。
遣隋使や遣唐使の話を持ち出すまでもなく中国から様々な文化を輸入していた日本ですが、日本で餃子が食べられ始めたのは実は相当に時代が下ってからで、せいぜい明治時代からのようです。
ただし明治や大正の頃は決して広く普及していたとは言えず、見たことも食べたこともない人が多かったと思われています。

庶民的な食卓の一品として広く普及するようになったのは第二次世界大戦後で、昨今の普及度合いからすると逆に驚いてしまいますが、日本ではせいぜい70年程度の歴史しかまだないことになります。
そして、この第二次世界大戦と宇都宮、そして発祥の地である中国との間に秘密が潜んでいるのです。

戦争には当然軍隊が必要ですが、かつて、陸軍第14師団と呼ばれた軍の一団が、その根拠地をこの宇都宮に置いていました。
一応誤解のないようにしておきますと、置かれたのは第二次世界大戦中とかその直前ではなく、1908年のことですからまだ明治時代です。

宇都宮で餃子が広まった経緯について

この後日本はシベリア出兵や満州事変のようなきな臭い時代を迎え、そのたびにこの第14師団も大陸に派遣されました。
1937年にはついに日中戦争が始まります。
第14師団は中国に派兵され、大陸で戦いの日々を送りました。

1939年からは中国東北部、満州に移ることになります。
そして1941年には第二次世界大戦となり、第14師団は南方戦線に投入され、軍隊としてはそのままもう日本に戻ってくることは最後までなかったのです。

ですがそれはあくまで軍隊全体としての話であり、個々の兵隊さんについては決してそうではありません。
怪我や病気のためやむを得ず故郷に戻ることになった兵隊もいますし、そういう兵隊や、あるいは武運つたなく戦死の憂き目にあった兵隊には補充のために新しい兵隊を送り込まなければなりません。

そういう意味では、軍隊としては日本国外にあっても根拠地である宇都宮との縁が切れてしまったわけでは決してなく、中国東北部に置かれていたときに様々な理由で故郷に戻らざるを得なくなった兵隊さんが餃子を広めたというわけです。

ここで、中国東北部と栃木県とはどちらも内陸性の土地であり、気候が似ていたということも理由として挙げられるかもしれません。
つまり作物も似ており、中国でレシピに含まれていたものが栃木県でも容易に手に入ったということも大きいでしょう。
レシピにはニラが欠かせませんが、実際、栃木県のニラの生産量は日本一です。

全国区になったのは実は1990年代以降のこと

このようにして広められていったと考えられますが、それでも、即座に有名になって全国区になったわけでは決してありません。
全国区になったのは実は1990年代以降のことであり、そこには40年以上の開きがあります。
この理由は一体何なのでしょうか。

それは一言で言って町おこしの成功ということができるでしょう。
1990年ごろ、市の職員が何か町おこし、観光PRになるようなものは何かないか探していたところ、実は自分の市では全国的に見て餃子の消費量が多いということに気づき、これを利用して町おこしをしようとしたのがきっかけであると言われています。

ただ、これはもちろん単なる思い付きというか、ひらめきだけでうまく行くものであったはずはありません。
現実として家庭での消費量が多かったという事実、基盤があって初めて成功の可能性があったわけであり、その点では第二次世界大戦後に持ち込まれてから連綿と家庭の味として受け継がれてきていたという素地を無視するようなことはできません。

その後はテレビや雑誌に取り上げられるようにもなり、またもともと消費量の多い土地であったことも手伝って地元の店も次々と増えるようになり、それがまた観光客を呼び込むための大きな力にもなるという好循環が回転して今に至っています。

和商コーポレーションなどの宇都宮の餃子の特徴としては、非常に手頃な価格で楽しめることに加えて、焼く、揚げる、水炊きなど、いろいろな種類のものをいろいろなタレで楽しめることにあるでしょう。
専門店の数も多く、また市内ではイベントなどが開催されることも多くなっています。

オンラインカジノ合法化の可能性

オンラインカジノは今の時点では違法

今の日本は一応ギャンブル禁止が原則となっているのでオンラインカジノは今の時点では違法という事になりますが、近々これが合法になる可能性は高いと考えても良いかもしれません。
もちろん現段階では可能性という状況ですが、既にこの方向性でさまざまな動きが出てきているという事も実際にあります。

国会ではカジノ法案が何度も議論されるようになっていますし、自治体によっては将来的な観光の目玉としてカジノを考えて行動をしているところもあり、カジノのディーラーを育成するようなビジネスがスタートしているようなところもあるのです。
2018年最新版!カジノ法案最新情報まとめ

何しろ既に日本はギャンブル王国といってもいいぐらいにギャンブルが大手を振って行われているわけですから、カジノだけを禁止するという意味がもう無くなってといると考えていいでしょう。
競馬などはギャンブルの頂点の様なもので、これが毎週末にはテレビで堂々と報道されて、当たり馬券が万馬券だったりするとニュースで報道されるような状態ですから、これでギャンブル禁止など言っても全く意味がない事は明白です。

競馬の重賞レースという大きなお金がかかったレースでは、天皇賞というような国の象徴たるお方の賞まであるわけですから、いかにギャンブルが定着しているのかという事が分かるというモノです。

カジノだけは駄目、依存症の人が出てくる、治安が悪くなるというのは果たして・・・

ギャンブル禁止という事がいかに形骸化しているのかという事がこれで分かるでしょう。
それでいて、カジノだけは駄目、依存症の人が出てくる、治安が悪くなるという事を言っても説得力がないにも程があります。

カジノを禁止するのであれば、競馬、競艇、宝くじなどのもっと怖いギャンブルを禁止する必要があるでしょう。
このギャンブルは良くギャンブルでこちらのギャンブルは駄目なギャンブルといっても全く通用しない事は誰の目にも明らかです。

問題になるのはやり方という事です。
競馬の例を見てもこのことはよく分かるでしょう。

昔は競馬と言うと風体の怪しいおっさんたちがするギャンブルという感じですが、どんどんと建物を綺麗にして衛生管理を徹底した事で、若者たちも呼べるイベントとなり、今ではデートコースの一つとなる事も珍しいことではありません。

治安が悪いというような事を言う人は今ではほとんどいないといってもいいでしょう。
つまり、やり方一つで大きく変わるという事がこのことからも分かるという事です。

ちゃんと計画をたててビジネスとして成り立つように考えてやる

カジノも同様でカジノが治安を悪くするというのではなく、無秩序に何でもかんでもやらせてしまうといい加減な事になってしまうというだけの事です。
ちゃんと計画をたてて、ビジネスとして成り立つように考えてするようにすれば、カジノも大きなビジネスとして観光業などに役立てることが出来るという事が言えるでしょう。

そして、カジノが合法化されれば、それは当然オンラインカジノも同様に考えられるようになります。
別にカジノだからといって施設に行く必要はありません。

今はインターネットというとても便利なツールがあるわけですから、これでいつでも楽しめるギャンブルがあってもいいでしょう。
これについても依存症を心配するような声がありますが、それもやり方次第であることは言うまでもありません。

なんでもかんでも禁止すればいいというモノではない事は、競馬の例を見ても明らかです。
今は競馬もオンラインで馬券を買える時代になっているわけですから、カジノが合法化されれば、同じようにオンラインカジノが誰もが楽しめる時代になると考えていいでしょう。

そうなる事もそれほど遠い事ではないという感じになってきています。
既にカジノが出来るという事で動いている自治体がいくつもあるぐらいですから、後はいつ合法化されるかというだけの問題になってきている感があります。

復興支援の種類や被災地に行かなくても出来ること

日本ユニセフなどによる復興支援について

復興支援とは災害など被害を受けた土地を復興するための支援の総称で、公的や私的、人道に民政、生活や取引、後方支援などがあります。
公的は国や政府、都道府県などの公的機関が企業や個人に対して行い、私的は民間が行うもの、人道は人道的配慮から行い主に食料や医療支援など市民の生活に大した緊急的なものです。

日本は海外に比べると台風や洪水、地震など自然災害が起きやすいと言われていて、最近も大きな地震や津波、土砂崩れなどが起きています。

防災や復興のために木材で廃棄されてきた部分を有効利用した組手什を作ったり、その方法は様々です。
一般の人だと普通の生活もあるため中々被災地にまで行って、直接支援を行っていくことは難しいですが現場に行かなくても出来る支援は多数あります。

例えばネットからだと検索機能を使ってあるキーワードを入力して、検索をすると寄付されたりする気軽なものも多いです。
他にもSNSなどで配布されているスタンプを購入すると、その売り上げの一部が寄付されるものもあります。

また、被災した土地の物産を購入することが支援になることもあります。
これは有名なデパートやスーパーなどでもよく行われていて、新聞の折り込みチラシなどでも見かけることは多いです。
被災地の美味しい物や特産品などを購入することで、自分も被災した人にも得られる物は多いです。

被災地の食材などを積極的に利用する

他にも被災地の食材を使ったモノを使って調理したり販売をしている店を利用することも出来ます。
こちらもバーや普通のレストランなどで開催されていて現地の食材を使った特別なメニューなども提供してくれるので、他の地域では食べらないようなメニューが出ることもあります。

実際に現場で支援を行ったり、または様々な形で寄付などを行ったり物産を購入する以外にも災害について知る事や、周囲にもその災害があったことを伝えていくことで風化を防ぐことも立派な支援に繋がります。

ストリートビューやパーソンファインダーなどを使って被災地とのかかわりを展示して紹介していたり、会場を使ったトークイベントなどもあります。
この場合も、被災した土地の食材を使った店なども一緒にオープンしていたりするので、様々な情報を得ながら関わって行けます。

大きな災害になるとその災害についてや、復興支援についてのドキュメンタリー映画を上映するイベントなどもあります。
またwebでは震災関連に関しての様々な講座を視聴できるサービスなどもあって、復興現場に関しての現状などをテーマにした授業なども行われていたりします。

復興支援の商品の印税などが寄付されるケースもある

メディアでもよく震災について特集が組まれていて情報などを得やすいです。
新聞やデータなど各メディアが独自に取り組んで紹介しているので、そこから復興支援についても知ることは出来ます。

復興支援を目的にしたグッズを買うことで、その品の印税などが寄付されることも多いです。
人気漫画家が描いた作品集や、津波などで被害にあった木などを使ったバッジなどを販売し、その収益金を全て被災地に寄付します。
これには団体やお店など独自にアイデアを出してから、それをお客に買ってもらうことでその一部などを寄付していきます。

他にも川柳をかいて応募するとキャンペーンを主催者が代わりにお金などで支援をしたり、店で買い物をしてからそのレシートを専用のボックスに入れることでそのレシートの一部を募金として使うキャンペーンなども開催されています。

こういう方法だと、自分でまとまった金額を募金しなくても買い物のついでや、何かのアイデアを出して応募するだけで良いので誰でも参加しやすいですし、手間もかかりません。

風化を防ぐためには

災害などが起きたときに被災者が気にすることの一つに風化です。
これは年月が経過してくると仕方がないことではありますが、やはり被害を繰り返さないためにもずっと記憶として残していくことは大切です。

この風化を防ぐために都道府県の学生たちがバスで被災地に行くというプロジェクトなどもあって、大人はその旅費を寄付して支援に繋げます。
こうした募金はクレジットカードや銀行などの振込み、各種ポイントなど様々なもので行えるので余っていて使ってないポイントなどを使えば、気兼ねもありません。

復興支援はある一定の期間だけ行っていくものと、その後もずっと続けていけるものと色々な方法があります。
災害が起きてから現場でボランティアなどをするのも良いですが、ある程度落ちついてからも今度は違う形でも続けていくことは可能です。

ある程度期間が過ぎていても、時間を作って行ってみたいときはボランティアや買って応援したり、旅行や日本ユニセフ協会などへの寄付、投資にNPO支援など様々なことで関わって行けます。

また、最近話題にもなっているふるさと納税でも、被災地など自分が応援したいと思う自治体に寄付をするとその金額によって、税金は一定額まで減額されます。
被災した人の助けにもなって自分は税金を安く出来るので品などは不要と言う場合はこの方法もおすすめです。

結婚の準備で行うこと

入念な準備を行うこと

結婚は誰にとっても人生の一大イベントです。
周囲の人々から心より祝福してもらうためにも入念な準備が必要です。

準備には大きく分けて、周囲の人々に向けて、挙式に向けて、新生活に向けてが挙げられます。
それぞれ具体的にどのような内容が必要とされてくるのでしょうか。

まず、周囲の人々に向けての行動ですが、結婚はただ単に男女が戸籍上夫婦になるだけでなく、その事によりお互いの親族同士が親族になる行為です。
その事実を踏まえて、入籍前からお互いの親族と良い関係を築いておくことを常に念頭に置いておくべきです。

相手の両親や兄弟のことをよく知り、またその人たちに自分のことを伝えてもらいましょう。

また、職場の人々への配慮も必要となってきます。
結婚式の参列をお願いしたり、新婚旅行で休暇をもらう場合は当然ですが、特に女性は今後出産や育児によって休暇をもらったり、働き方に融通をきかせてもらう事が増えるかもしれないからです。

自分の好きな相手と結ばれたからといって有頂天になってしまう態度も社会人として慎むべきでしょう。

新郎新婦でしっかり話し合うこと

次に、挙式に向けての行動です。
近年では親族中心の小規模な挙式も増えていますが、そうではあっても準備は大変なものです。

誰を招くのか、どこで式をするのかに始まり、決めていかなければいけないことは山のようにあります。
人生の大事なシーンをより良いものにしたいと思えば思うほど、あとから後悔することのないよう、納得のいく決断を積み重ねていかなければなりません。

そのためには男女での話し合いが重要です。
挙式に向けてお互いの意見を出し合い、意見が異なった際にお互いの納得いく妥協点を探ってすり合わせていく作業は、その後の新婚生活においても非常に重要であり、式の準備はその貴重な機会と言えるでしょう。

新生活についての具体的なプランを共有する

最後に、新生活に向けての行動です。
結婚とは、育ってきた環境の異なる他人同士が一緒に生活を営んでいくことであり、一緒に住んでみることで相手の今まで見えてこなかった面が見えてくることも多いでしょう。

同棲していた人であっても、結婚してみてお互いの関係に責任が生まれることで、初めて分かることも多いはずです。

たとえば、家計管理の事などは生活を始める前から決めておかないと揉め事の種となりますし、なし崩しになっていくとどちらかに不満がたまる事態になりかねません。

現実的な話を避けていても結局そのつけは後から回ってくるので、早めに新生活についての具体的なプランを共有するのが望ましいです。

 

参考サイト

寿退社はタイミングが肝心!結婚準備に向けて退職する際に気をつけることは?

女子会のお店選びで迷った時に知っておきたいこと

川中商事さんに聞いてみた!女子会のお店選びの秘訣

女子会の幹事を引き受けた時にお店選びで迷ってしまう、そういった人は多く、この時に大切なのは情報を整理することです。
仲の良い友達と会社の同僚では対応が違ってくるのが当然で、ランチやティータイム、ディナーといった時間帯によっても相応しい店は変わってきます。

集まるメンバーについて詳しく知っていれば場所選びは楽ですし、納得していればどこであっても皆が集まれば楽しく過ごせるはずです。
しかしそれほど親しくない相手とは面倒で、ちょっとしたコツを知っておくと店を見つけやすくなります。

一般的に「女子会」の名目で集まる場合は女性に限定されるので、そこを大前提として考えておくと分かりやすいです。
基本はゆっくりと過ごせて居心地の良い場所であること、おしゃれな場所がいいと言われていますが、人によっては苦手意識を持っている可能性もあります。

食事をするだけではなく会話を楽しむ場となるので、おしゃれすぎて緊張するよりもリラックスできる環境が整っていることが大切になります。
最初の時点でおしゃれな場所だけを限定して探してしまうと選択肢が狭まるので、その部分に関してはあまり気にしなくてもいいです。

重要なのは集まるメンバーを考えることで、可能性があるのは親しい友達、同僚やサークルの仲間、さらにママ友というのも多くあります。
それぞれ特徴が異なってきますので、ポイントを押さえることによって店選びの方向性が見えてくると、飲食大手の川中商事さんは解説しています。

※参考⇒川中商事の沿革について

食の好みやアレルギーについてどう対応するか

すべてにおいて共通しているのはランチとディナーで考え方が違っていること、食の好みやアレルギーについて知らないというところです。
それゆえ仲の良い友達に関しては気にしなくても大丈夫だと思いますが、知らない時にはオーダーの時にある程度の注文に対応してくれるか確認しておくと安心です。

最近はお店側も女子会向けのお得なコースを提供していますが、その際にアレルギーのある食材を抜いてもらえるかなど確かめておくと、食べられずに困ってしまうといった問題を避けられます。

好き嫌いならともかく、アレルギーは死にも直結するので気を付けなければいけません。
店の予約をする前に参加者それぞれに確認できればいいですが、難しい時は店側がどれだけ柔軟な対応をしてくれるかを確認しておくと困らずに済むはずです。

さらに気を付けたいのがアルコールについてで、ランチでは飲みませんが、ディナーはお酒に弱い人でも乾杯くらいはします。
ただ女性でも酒豪はいて、そういった時に割り勘や会費の中にアルコール代を含んでしまうと不公平感が出て後々に禍根を残してしまうかもしれません。

男女で比較した場合、女性の方が金銭面に関して細かい場合が多いので注意が必要です。
全員が飲む・飲まないで完全に分けられれば問題はありませんが、そうでない時には事前に対処しておくとトラブルの発生を防ぐことができます。

アルコールだけは飲んだ人が支払うようにするのが最も楽な方法で、本人が取捨選択することができるので揉めることが少なくなるはずです。
ただ飲む人がいると分かっている時は、飲み放題プランなどがあるところを探しておくと費用面で楽になります。
幹事というのは細やかな気配りが必要になってきて、皆が楽しく過ごせるというところが重大なポイントになるはずです。

幼稚園生や小学校低学年を子供に持つママ友に対して

そしてママ友の集まりは子供の年齢によって気を付けたい部分が変わってきて、小学校の中高年や中学生なら問題ありませんが、幼稚園生や小学校低学年の時には注意が必要になります。

子供を預けて参加するといっても、当日に予定が変わることはよくあるので、店内にプレイルームなどが設置してあるところを選ぶと気兼ねなく食事ができるはずです。

子供用のメニューや椅子が用意されている場合もあり、意識しておくと役立ってくれます。
預け先が決まっていても突発的に無理になることもあり、そういったトラブルを想定して店を選ぶと安心です。

こういった問題に対処できる方法として個室もおすすめになり、以前は別料金をとるところも多かったのですが、最近は無料で使えるところも増えていますので選びやすくなっています。

選択肢が増えるのは嬉しいところで、個室は周囲の目を気にしなくて済むのでリラックスして過ごすことができるのは嬉しいポイントです。
女子会は食事を楽しむだけではなく、会話を目的とするので快適性も大切になってきます。

どのような集まりでも幹事として抜擢された時にお店選びは迷ってしまうものですが、基本として考えるのは集まる人が気持ちよく過ごせるといったものです。

そのためには個々の特徴を理解することがコツになってきて、選択の方向性を決める指針になってくれます。
それぞれの相手を考えて心地よく過ごせる空間を見つけ出す、基本はそれだけだと考えて問題ありません。
同じ女性として自分を基準にするのもよく、雰囲気や食事など総合的にチェックして、ある程度の融通が利くところがおすすめになります。